戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

不可能性の議論

不可能性を批判する事は簡単である。その反面、不可能を可能にする作業は困難を極める。過去の人々にとって不可能だと思われていた事が現在可能である例を列挙してみたい。d0054969_2493736.jpg

 空を飛ぶ(飛行機によって可能)

 長時間の灯り(電気の発明)

 遠くにいる人に即座に手紙を送る、顔を見て話をする(Email, Skype、インターネット)

d0054969_25889.jpg
 宇宙へ行く(ロケットによって可能

 民主主義 (絶対王政からの脱却)

 奴隷制度廃止、 植民地制度廃止

 戦国時代の人々にとっての現在の日本

 国際連合 EU

 2006年前の人々が現在の世界を見たらどう思うだろう。発狂する程衝撃を受けるかもしれない。たかが、2000年でこれほどまでに人類は不可能を可能としてきた。さらに2000年後にはどれだけ不可能が可能となっているのだろう。現在不可能だからと言って、将来不可能である保障はどこにも無い。第二次世界大戦時のヨーロッパの人々でさえ、どれだけEUを現実的に可能だと思っていただろう?

 世界政府、世界警察が現在例え多くの学者、一般人に不可能だと思われていても僕は屈しないだろう。不可能を可能にしてきた人々はいつも少数派であり、異端児とされてきた。僕が生きている間には実現不可能だとしても、将来の人類には可能であると信じ、これからも不可能に挑戦していきたいと思う。
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-05-25 02:52 | 平和の泉
<< 旧友達との再会。 Neil Cooper 修士論... >>