戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

菜根譚

今年は新たな座右の書ができた!中国の洪自誠が書いた「菜根譚」だ。

以下抜粋するので、興味がある人は読んで下され。中国の指導者の必読の書だったらしい。

・自分というものの存在を忘れてしまえば、一切の差別も気にならない。また、我は我であって我でない。ただ、かりそめの姿と悟ってしまえば、なんの悩みがあろうか。

・物欲にしばられてこの世を送れば、人生は悲しいことばかりだ。だが、人間の本性にめざめて生きていけば、人生ほど楽しいものはない。

・自分がこの世に生まれてくる前は、はたしてどのような姿をしていたであろうか。自分がこの世を去ってしまった後には、果たしてどのような姿になるであろうか。ひとたび、この問題を考えてみれば、いっさいの執着は消え去って、ただ本心のみが澄み渡る。こうして心は現実の世界を超越し、絶対の自由を得るのだ。

・名誉や利害に束縛された人にとっては、この世はとかく汚れた苦海にうつる。だが、見よ、雲は白く、山は青く、川は流れ、岩はそそり立ち、花は開き、鳥は鳴き、木こりの歌に谷はこだまで答えているではないか。この世は決して苦海などではない。それを苦海にしているのは、彼ら自身の心なのだ。

・人生というものは、いくらかでも「へらす」ということを心がければ、その分だけ悩みから遠ざかる事ができる。友人とのつきあいを減らせば、人間関係のもつれが少なくなる。発言を控えれば、非難を受ける事が少なくなる。考えごとをへらせば、心の疲労が軽くなる。りこうぶることをへらせば、美しい本心を傷つけずにすむ。「へらす」ことに努めようとせず、「増やす」ことばかり考えれば、自ら手かせ足かせをはめているのと変わらない。


物欲を最大限駆り立てて、大量生産・大量消費によって経済発展してきた世界は、一見華やかで豊かになったようですが、苦悩は増えるばかりで、かえって人間の心は貧しくなっている気がします。

お金は多ければ多いとみんな思っているかもしれませんが、人間の欲は無限です。欲をできる限りなくし、心を空にする事が心に平和をもたらすと思います。般若心経でも、すべての存在するものには実体がないと言っています。自分というものをそもそも無だと思えば、自己主張する必要もなく、生存競争する必要もありません。これが心から平和を創りだすひとつの方法だと思います。
[PR]

# by hamamuratomonari | 2008-12-29 11:00 | 休憩小屋

世界連邦運動 60周年 日本大会

久々に日記書くw

昨日は、アインシュタインや湯川秀樹が世界連邦の必要性を訴え、尾崎行雄が日本の世界連邦運動を立ち上げてから60周年ということで、日本大会が開かれたので、行ってみた。

外務次官や都議会、市長などいろんな人が来ていたが、老人の多いこと多いこと。
なんかそれだけでもこの壮大なビジョンを引き継ぐ若者が少ないんだなぁと思った。

パネルディスカッションもなんやら具体性が全然見えてこず、理想論が多い。具体的にやってきた事と言えば、国会に「国際刑事裁判所」の加盟を促した事や、京都綾部市の市長がやってる「中東和平プロジェクト」で、イスラエルとパレスチナの遺児を呼んで日本を観光させるようなものぐらい。世界連邦実現のためのロードマップもない。

ただ、今回の大会で唯一面白かったのが、「世界から貧しさをなくす30の方法」の著者である、
田中優(男)の基調講演だった。

南極や北極に行ってみて、実際に氷がものすごい勢いで溶けている状況を見たり、生の環境問題を見ている人だ。彼はまた、戦争や軍事活動による環境破壊のばかでかさを指摘し、環境と平和はセットで考えるべきだと言う。(戦闘機が数時間飛ぶだけで、日本人一人の一生分の二酸化炭素を排出したり。。)

また、民間では発電がもっとも二酸化炭素を排出している事から、僕が現在仕事で中東に発電設備を輸出している事にも罪悪感も感じた。日本の環境技術を輸出したかったのだが、商社はやはり商売でしかない。儲かる所に何でも首を突っ込むだけだ。また、昔は途上国のインフラをなんとかせないかんなぁと思ったが、最近はインフラはやはりただの箱であって、それをいかに使うかの人間の「心」が一番重要だなと思った。(包丁は調理用だけど、心次第で殺人道具に変わる。)

インフラが完璧近く発展している日本は平和とは言えない。
まずは、日本の心をなんとかせないかんなと思った。
[PR]

# by hamamuratomonari | 2008-10-26 11:04 | 平和の泉

ウガンダへの旅

久々の旅だった。

東アフリカのウガンダに9日間。
ブラッドフォード時代に寮の隣の部屋に住んでいた美女ユニスと、
スポンサーをしている子供に会いに行くためだ。

湖や森が多いアフリカらしからぬ国。ナイルの源流ビクトリア湖の激流をラフティングした。
久々に「恐怖」を感じた。ただ、ラフティングをするのはほとんど西洋人で現地の人は、
川の近くで洗濯をし、何か冷たい目で見ていた。

ただ、子供たちは本当に元気で、車の中にいてもいっつも手を振ってくる。
その反面、大人たちは生活が苦しそうな顔をしている。

首都のカンパラでは、スラムがいたる所にあり、孤児院にも行った。
電気が通ってない家で、二段ベッドがいくつかあり、外で炊事をしたり、
洗濯をする。おばさん一人で両親がいない孤児が20人ぐらい共同で住んでいる。
食べ物も少なそうで、少ない援助で子供たちは学校に行っているが、お金が払えず
学校を辞めさせられそうだとおばさんが言う。エイズで死んだ子や、病気であばら骨が
浮き出てる子もいた。ただ、みんな「幸せ」だと言う。

国際NGOのプランを通して援助している14歳の男の子、ディファスの村
ケニアとの国境の町「トロロ」に行った。

プランは4WDの大きな車で、ホテルまで迎えに来た。
プランの現地オフィスで活動やスタッフが紹介され、
ディファスが勉強しているプランが建てた学校へ訪れた。
まさにテレビで見るような世界が広がっていた。珍しい来客に、皆目を光らせて、
カメラのフラッシュだけで、みな大騒ぎ。僕はみんなに「いつか日本に来てください。」
と言ったら、プランのおばさんスタッフがみんなに「日本には歩いていける?車で行ける?
じゃあ何で行ける?そう、飛行機ね。飛行機に乗るためにはお金を貯める必要があるわ。
お金を貯めるには、しっかり勉強して就職することね。」と諭していた。

ただ、ウガンダ一の大学を卒業し、ブラッドフォード大学院を卒業したユニスでさえも、
良い仕事を探すのは難しく、大学卒で就職できない人や売春婦になる人も多いという。
やはり、教育だけではなく、現地に仕事を創出して行く必要もある。
ただ、経済発展すれば、物は満たされるが、愛は薄くなる気がする。
難しいもんですなぁ。
[PR]

# by hamamuratomonari | 2008-08-02 00:59 | 旅人の小屋

Representative Man of Japan

「代表的な日本人」 著 内村鑑三

この本は今の日本人が最も読むべき本かもしれない。

本の内容は、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人の偉人伝。

いくつか、僕が感動した文章を挙げたい。



  「国はいわゆる文明開化一色となりました。それと共に、真のサムライの嘆く状況、
   すなわち、手のつけられない柔弱、優柔不断、明らかな正義をも犠牲にして恥じない
   平和への執着、などがもたされた。」

  「文明とは正義のひろく行われることである、豪壮な邸宅、衣服の華美、外観ではない。」

  「真のサムライが、敗者をいたわり、おごるものを砕き、平和の律法を築くために、復権する
   日を心から望む。」

  「自己を修める者にして、初めて家を治め、家を整える者にして、初めて国を統治できる。」

  「仁術を用いて、やもめを慰め、みなし児を保護し、今の道徳なき民を道徳な民に変える事
   が必要。最初に道徳があり、事業はその後にあるのである。」

  「昔の教育は、修練を積めば生活費が稼げるようになるとの目的で、学校に行かされたので
   はなく、真の人間になるためだった。」
  
  「昔の教師は、わずかな年月に全知識を詰め込んではならないと考えていた。」

  「現代にみられるような適者生存の原理に基づく教育制度は、寛大で人を愛する君子の
   養成には向いていない。」

  「学者とは、徳によって与えられる名であって、学識によるものではない。学識は学才で
   あって、生まれつきその才能を持つ人が、学者になることは困難ではない。しかし、学識に
   秀でていても、徳を欠くなら学者ではない。学識があるだけではただの人である。無学の
   人でも徳を備えた人は、ただの人ではない。学識はないが学者である。」

拝金主義でお金ばかり求めお金持ちが尊敬され、親子が殺し合い、職がなく路上で暮らす夢の無い若者、自らを犠牲にして国民の幸せを最優先にしない政治家、みな自分の事がばかり考え自己犠牲の無くなった日本。

家族のため、国のため、民のため、自己を犠牲にして、道徳を実践する真のサムライがいまの
日本にいるだろうか。自らが最優先の利己主義が蔓延している世界。サムライの精神を思いだす必要があると思う。。
[PR]

# by hamamuratomonari | 2008-05-04 16:27 | 平和の泉

SAMURAI

最近仕事も安定してきたし、余裕が出てきたので、土曜日は少林寺拳法、日曜日は刀を使った居合道をしている。腐った肉体と精神を鍛えなおすためであり、サムライに近づくためだ(笑)。

といいつつ、Wiiのマリオカートはおもろいw ハンドルのセンサーがかなりいいのですごい。
あと、西葛西のインドカレーもすごいよ(話飛びすぎ)。西葛西は東京の中でもインド人が一番多い(たぶん)所で、安くてうまいカレーが食えた。芸能人も結構来てるみたいだし、インド系の食材が多くノスタルジーを感じた。チャーイを買って家で飲んだらかなり現地っぽくて良かった。

ところで、ワーキングプアの本読んだけど、ありゃきついわ。貧困国の支援もいいけど、まずは
日本なんとかせにゃならんわって思った。インドのツバをつららのように固まらせたホームレスもきついけど、逆に格差が激しい日本のホームレスの方がきついんじゃないかと思う。人間って他との差で幸福とか不幸を感じやすいから、差が激しい日本の方がきついかもしれん。
[PR]

# by hamamuratomonari | 2008-04-20 17:38 | 休憩小屋