戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


シーシャとワインとトルストイ

僕の愛器シーシャ(水タバコ)とワインを飲みながら、トルストイの「人生論」を読む休日。
うーん、至福のひと時だ。暇なので映画の「レインマン」を見た。平日働くと、休日は何もしたくなくなる。「休日は腐る」これが社会人の鉄則だ(笑)。
d0054969_17375633.jpg

しかし、就職して早半年。あっという間だった。仕事は相変わらず毎日わからない事が出てくる。一人前になるのは5年かかるという世界だからしょうがない。刀職人も三年は炭作りしかできないという。仕事というのは結局は経験だ。   
    
さて、父親から若槻礼次郎(島根県出身初の総理大臣)のパンフレットが送られてきた。政治家になるのが最終目標にも関わらず、最近は政治(特に日本政治)に興味が薄れていたので改めて初心に戻る気持ちになった。やはり、普通にサラリーマンで働いていると政治にあまり関心を持てない、自分の事で精いっぱいになるのだ。休日に投票に行く気も失せる。この社会的な環境が投票率の低い大きな原因かと思う。政治というのはある種、自分に余裕がないと関心が持てないものだ。政治とは他の人や社会全体の事を考えるものだから、自分にとって特に問題でなければ興味を持つのは難しい。そこを無理やり政治に興味を持たせるというのも難しい。

人々の生存に関わる問題が出てきた時、政治というのはやっと求められる気がする。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-07-21 18:42 | 哲学者の小屋

この時代に、この国に生まれて

本当に感謝すべき事だと思う。

60年前は日本は戦場であり貧しかったが、今や戦争の無い最も平和で豊かな国の一つ。

「生きる」ために働くのではなく、自らの「生甲斐」のために働ける環境。

何かあれば、家族、友人、国が守ってくれる可能性が高く、死ぬ怖れが無い国。

昨日の夜の「もし世界が100人の村だったら」と今日の「裸足のゲン」を見てつくづく思った。



http://www.youtube.com/watch?v=poyfzh0AV78
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-07-01 17:28 | 休憩小屋