戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


メイドカフェ

ブラッドフォード時代の旧友と二年ぶりぐらいに会って、秋葉原を探検した。ゲーセン行ったり、ラーメン食ったり、メイドカフェ行ったり(笑)。メイドカフェ意外によかったw 普通に落ち着ける!チャイとか飲んで音楽もなんか神秘的だった。

昨日は佐田っ子がもう一人上京してきた!これで東京にいる佐田っ子は6人。中学校からの友達、これは俺の核なので死ぬまでつながっているだろう。新宿歌舞伎町をうろうろして、妖精系の店で酒を飲む。二日ともなんか「萌え」系だなw 

まぁ、こうやって気分転換できてよかった。
明日から自分の修行のために仕事に行こうと思う。自分の欠点を見て、負けずに改善する。
「時間管理」「正確さ」。とりあえずこの二つを改善しなければ。そして、社会に飼いならされることなく、自分の成長のために仕事しよう。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-27 20:27 | 休憩小屋

凡人道

今日もまた叱られた。わかっちゃいるけどミスっちまう。俺はあんまし実務家には向いてないなーと思う。かといって学者も向いてない。無鉄砲に旅をするぐらいなら得意かもw 自分は全く凡人だなーと思う。頭もキレないし、運動もできないし、特にこれといってスペシャリストでもない。
毎日おいしいものを食べたり、テレビ番組みたり、ぐっすり寝たり、そんな日常が有り難くてハングリーに何かを追究もしない。

昔は偉人を目指し、人がやらない事ばかりやろうとした。でも、ユーラシア横断してるときに普通に生きれるということにすごく感謝したし、普通になろうと思った。だが、やっぱり自分が普通になってしまうのは寂しいし生甲斐が無い。凡人道まっしぐらのいまの自分が何かむかつく笑。
社会に飼いならされてしまう自分がいやだ。まぁ、贅沢な悩みだが。生きてるだけでも幸せなのに。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-24 22:23 | 哲学者の小屋

パブ巡り

d0054969_19152370.jpg仕事の電話で英語を話す機会が増えてきたが、日常でも英語は話し続けたいので六本木に友達を作りにいこうと繰り出した。あそこは本当に外国人が多い。右見ても左見ても一人以上確実にいる感じだった。イギリス系パブやドイツパブにゲリラ的に入っていった。これといった収穫は無かったが、ドイツ人とちょいと話せた。次回はもうちょっと探検してみよう。

それにしても、外国人用のパンフレットとかあって、意外にも安宿がたくさんある事がわかった。安宿が日本にはほとんどないと思っていたが、あるもんなんだな。安宿で起業でもしようかと思ってたけどむずそう汗

ケバブ屋が一杯あったので、帰りにケバブを食う。日本にいるとケバブがなんかうまく感じる。ブラッドフォードのケバブも恋しいけどw 六本木、異国情緒と東京タワーが拝めるいい場所だと思った。また来よう。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-20 19:17 | 酒場

桃太郎電鉄

今、プレステ2で桃太郎電鉄をしているw

d0054969_2312528.jpgこれこそ人生だ(笑)。

というのも、いい事があったと思ったら、すぐに悲惨な事が起こる。

また、悲惨な事があったと思えば、いい事が起こる。

なので、あまり一喜一憂しない方がゲームを楽しめる。

いちいち本気で真に受けるとゲームに疲れる。

つまり、人生も同じく一歩下がって真に受けない方がいい。
どうせゲームの電源はいずれ消すんだから。

ということで、みなさん気軽に「人生ゲーム」を楽しみましょう!
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-13 01:39 | ゲームセンター

リスクマネージメント

仕事はもっぱら貿易保険、工事保険、海上保険などなど保険ばかりだ。
万が一事故が起こった場合損失しないように保険をかける。

よく思えば、僕は保険をかけない人生を好んでいた。
留学中も保険に入ってなかったし、ユーラシア横断中も一切保険に入らず。
万が一事故が起こった場合のリスク管理ができていなかったが、
だからこそ思い切った事ができたのかもしれない。

会社は利益や損失が莫大だから保険がやはり必要なのだろう。
このリスク意識を持つよう会社では努力しなければならない。

しかし、私生活ではあまりリスクを考えて委縮してしまわないよう気をつけたい。
リスクばかり考えていてはおもしろい人生は無い。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-08 21:23 | 転職の神殿

名声と恥

人は恥を避け、名声を求む。

1900年前のローマ皇帝マルクスアウレリウス帝の言葉。

名声について
「死後の名声について胸をときめかす人間は次のことを考えないのだ。すなわち彼をおぼえている人間各々もまた彼自身も間もなく死んでしまい、ついでその後継者も死んで行き、燃え上っては消え行く松明のごとく彼に関する記憶が次から次へと手渡され、ついにはその記憶全体が消滅してしまうことを。しかしまた記憶する人々が不死であり、その記憶も不朽であると仮定してみよ。いったいそれが君にとってなんであろうか。いうまでもなく、死人にとっては何ものでもない。また、生きている人間にとっても賞賛とはなんであろう。せいぜい何かの便宜になるのが関の山だ。ともかく君は現在自然の賜物をないがしろにして時期を逸し、将来他人がいうであろうことに執着しているのだ。」

恥について。
「せいぜい自分に恥をかかせたらいいだろう。自分を大事にする時などもうないのだ。めいめいの一生は短い。君の人生はほとんど終りに近づいているのに、君は自己に対して尊敬を払わず、君の幸福を他人の魂の中におくようなことをしているのだ。」

しかし、自分の人生は相対的には(宇宙の歴史に比べ)短いかもしれないが、絶対的には(主観的)長いものだから、恥や名誉に悩まされるのが常だろう。他人の賞賛や中傷に振り回されず、ただ自分が正しいと思うもの、すべき事(と思いこんでる)をするだけである。であるから、他人の行為を褒めたり非難したりするのはそもそも余計なおせっかいであるし、その権利は無い(笑)。しかし、人間社会を円滑に進めていくにはこの賞賛と非難がうまく利用されている。全体のために個が犠牲になる、それが生命の運命かもしれない。

スポーツができたらかっこいい。外国語が話せたらかっこいい。お金もち。頭がいい。
顔がいい。スタイルがいい。その根本的動機は名声により、異性や同性から支持を受け、より現実的に生き易くなり、さらにはより優秀な子孫を残せ、最終的には人類の遺伝子がより生き易くなる。全体の将来のために個々人がより優秀にならんとする。これは選択ではなく一種の強制ではないだろうか。自分で選んでいるように見えて、選ばされてる。生命は遺伝子のレールに敷かれている強制労働者だ(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-05-03 00:37 | 哲学者の小屋