戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


幼少時代。

そう言えば子供の頃から好きな「焼きとうもろこし」を作ってみた。ていうか醤油と、塩で焼いただけだけど笑
d0054969_3215943.jpg

実家にある「七五三」のビデオで、僕はしょうっちゅう「とうもろこし、とうもろこし」と言っている。そして、家に帰ると今度は「たまご、たまご」と言っている。卵焼きが好きなのだ(笑)
 こういう歴史もあってか、ひさびさにトウモロコシを食ったら、すごく懐かしかった。祭りの時は毎回のようにトウモロコシを食っていた。

 幼少時代。保育園で給食が食うのが遅くて、みんなが昼休み遊んで、掃除の時になってもまだ食べていた(笑)。プールの中でフラフープをくぐるのが恐ろしすぎて家まで帰ったときもあった。竹馬もできず放課後も先生と母親に見てもらい、やっとできるようになった。小学校でも自転車に乗るのや、逆上がりができたのもみんなより遅かった。
 それがもはや異国の地イギリスに来て英語で話すわ、叩くわ、よくもまぁここまで育ったと自分で思う。

 「焼きとうもろこし」が改めて、ここまで育ててくれた親への感謝の念を呼び起こしてくれた(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-30 03:38 | めし屋

Jim Whitmanの夢

 僕はいつもおもろい夢を見る。ゾンビと漫才やったり、ゾンビをドロップキックしたり。。。とにかく夢の大半がおもろくて、寝ながら笑っている時もあるらしい(笑)

 そして、今日は平和学部の大物教授Jimの夢を見た。かなり短かったけど、おもろかった。

 突如世界は草原に。Jimは10人ぐらいの生徒を集めて、歌の練習をしていた。近くによってみるとJimはギターを弾いていて、生徒達は日本語のド演歌を大声で歌っていた。Jimは「この曲俺が作ったんだ!」と自慢げに俺に言ってきた。でもどこから聞いてもド演歌だったw 俺もなぜか練習に参加させられた。歌詞は微妙に平和を訴えているようだ。
d0054969_18405421.jpg

 練習が終わり、Jimに「洋楽と邦楽どっちが好きですか?」と聞いたら、「邦楽に決まってんじゃなーい!」とおばちゃんみたいに楽しげに答えた。「誰が好きですか?」と聞いたら「永ちゃん。」の一言(笑)

 「Greeやってるから、そこに好きな音楽載せてるよ。」といきなり!

 「ぅえ?Greeやってるんですかぁー??」と驚いたら、

 隣にいた誰か知らん坊主の日本人の友達が、耳の側で、

 「JimがGreeなんかやってる訳ねーだろー。。」

 と。

その後、Jimは生徒達を連れて広い草原の地平線に向かって帰っていった。

来週Jimに会いに行こうと思っていたから、彼との運命的出会いを意味してるのかもしれん(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-26 18:44 | 夢の部屋

Break Dance in Leeds

 夜からリーズへ、三国志で言えば夏候惇に当たるTake(事実一時期眼帯をしていた笑)と我がダンス師匠Masaさんと三人で向かう。外は地面が凍結してる程寒い。
 リーズメトロポリタン大学のスチューデントユニオンに到着。Hisayoちゃんや、Mitsukoちゃんと合流し、Masaさんの顔パスで全員無料で入れた。7.5ポンドも得してもたw
 中は結構落ち着いていて、綺麗だった。人は少なかったが、すでにブラッドフォードのブレイクダンスチームのお馴染みの面子が揃って踊っていた。みんなやっぱうまいなぁー。みんなに踊れ踊れと言われたけど、さすがにきついものがある笑
d0054969_8211997.jpg

 後半一人の眼鏡かけたがり勉っぽい学生?がステージの上でボイパ(ボイスパーカッション)を始めた。これがまためちゃめちゃうまかった!ドラムとベースとメロディーを同時にやっていた、ありえん!しかもテンポがかなり速かった。客もかなり盛り上がっていた。ブレイクビーツでエイフェックスツインみたいだった。ボイパかっこいいけど、一人で練習してたら虚しくなりそうなのでやめときます(笑)

 夜中にみんなでタクシーで帰宅。タクシーの中で財布発見してタクシー代も浮いてもたw 神様すんまへん(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-26 08:23 | 音の館

UN Society

平和学PhDのDavid率いるUN Societyが今日から始まった。国連に関する意見、情報交換、プレゼン、模擬国連などをやっていくサークル。MAやBAからも来て10人ぐらいの参加者だった。これから基本的には毎週木曜に集まる事を決定し、解散した。
d0054969_115216.jpg
今僕は「Governance without government」(政府なき統治)について、論文を書こうとしている。僕の最終的結論は「World Governance without World Government」には限界がある、ということを書いて修士論文の一助にしようと考えている。
 
 しかし、読めば読むほど混乱してくる。。。

 ぐげ!!笑
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-25 01:24 | 平和の泉

中国三国志紀行 5日目

忘れた頃にやって来る!中国三国志紀行のつづき(笑)
d0054969_7411536.jpg
(写真は黄山の飛来石。ここから眺める雲海が凄すぎ)

 朝9:00頃に起きて、ボーっとしていると、ドアがノックされたので開けると昨日のタクシーのおばちゃんだった。今日は漁亭や宏村等の古民居群に行きたいと言うと、そこは許可証や何やら高いと教えてくれた。俺らはそこに自力で行きたいと思っていたが、結局あまり有名ではないが同じく古い古民居群へ。それから黄山の麓へタクシーで行ってくれることになった。(一人50元)
10:30にチャックアウトして、宋さん夫婦のタクシーに乗せてもらった。

 30分ぐらい行って田んぼだらけのひどい悪路をまるでアトラクションのようにガタゴト走った。すると本当に中国っぽい明代の建物がぽつぽつあって、周りは田園風景で、太陽もぽかぽかしていて、時間がゆっくり流れていた。入村料(25元)払って、小さな庭園をゆっくり歩いて、道をとぼとぼ歩いていると、牛が何頭かいて牛も気持ち良さそうに日向ぼっこしていた。その先をのんびり歩いていると小川を挟んで、明代のふるーい建物が並んでいた。

 犬やニワトリが自由に歩いており、子供やおばちゃんも生活していた。まさに中国の理想郷といった所である。お腹が空いたので、近くの民家みたいな家で炒飯を作ってもらった。まさに台所で作ってもらったものだ。これがまた格別にうまく、もう一杯ただでおかわりできた。お茶も煎茶みたいな味で二杯した。外で飯を食っていたが、おばちゃんや子供達、おじさん達とかなり仲が良くなり、「こんにちわ!」「うめぇー!」等の日本語を教えて、爆笑したり、自転車に乗ったり、女の子をだっこしたり、本当にいい人ばかりだった。涙目になる程微笑ましいひとときだった。

 帰る途中みんなに「再見!」「さようならー!」と言い、別れるのが少し悲しかった。また、眼鏡をかけたじいちゃんに「再見」と言ったら、付いてきて、肩に大量の藁か干し草をかけながら笑顔で話していた。俺もその藁を担いでみたが、かなり重かった!じじいのくせにすごい力だ!日本の若者はなまっちょろい。(俺がなまっちょろいのかw)

 最高のひとときを過ごした後、村を出るとタクシーがあって、次の村へ行くことになった。

 つづく

(以前の日記が見たい人は「旅人の小屋」に行って下さい。)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-23 08:06 | 中国三国志紀行

村長の休日。

d0054969_1523287.jpg


      ふーっ、いっぷく。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-23 01:55 | 休憩小屋

FIRST SESSION

昨日は昼から平和学MAのイギリス人ギターリストLiamと初セッションをした。アンプはフェンダーだったが、シールドとの相性が悪く「バックトゥザフューチャー」並みの高音を出していた。そこで、ファミコンの後ろのアダプタの接続をカセットをはさんで維持するように、アンプとアンプをくっつけて辛うじて通常のディストーションを保てた。
d0054969_20275916.jpg

 やった曲(エンターサンドマン、パラノノイド、レイジアゲインストマシーンの何かw)後は、彼の即興に合わせてヘヴィ、パンク、バラードなどをやった。ギターテクは我が親友KNOTに比べれると月とスッポン鍋だが、創造力があるのでジャムりが楽しかった。そして平和学PhDのスペイン人Egoiti がメタリカやACDC,ガンズ&ローゼスのボーカルをやった事があるということなので、来週はボーカル付きだ!後はベーシストを見つければ一応バンド結成できる!

 夜は島根県安来出身のTSUKASAと、TAKAさんとSHINOBUさんで飲みに行った。TSUKASAとTAKAさんと日本語でここまでいろいろ話したのは初めてで、本当に楽しかった!!TSUKASAの情熱と知識は同じ島根出身者として誇りに思う!またリフレッシュに一緒に飲みましょう!!

 さて、今日はちゃんと本を読もw
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-20 20:29 | 音の館

おばけ屋敷

くだらないけどお化け屋敷を村に作った!どんな村長やねん(笑)
d0054969_2294584.jpg

平和学をやっているくせに、ヘヴィメタル、ホラー映画、ホラーゲームが何故か好きな俺。上のバンドは「スリップノット」!どこから見ても子供の教育によくない(笑)。しかし、ドラムもめっちゃうまいし、DJが入っていたり、COOLなので良しとする。
d0054969_231428.jpg
ゾンビ映画の中の名作。ジョージAロメロの代表作。単にグロイだけでなく、メッセージ性が強いので良しとする(笑)ゾンビ役をやっている人達は絶対笑いをこらえながら撮影されていると思うw
d0054969_2334154.jpg
バイオハザード!代表的ホラーゲーム。。。おもしろいので良しとする(爆)

 心臓の弱い方にはちょっときついものがあったかもしれないが、現実の戦場はもっと恐ろしい光景が広がっているはずだ。本当の平和を求めるならこれぐらいの映像でへこたれていてはいけないのだ(言い訳)
 しかし、なぜ僕がホラーが好きなのか今だに理由がわからない。うちの兄弟3人は周りがびっくりするぐらい仲が良くて平和的だ。なのに三人ともホラー好き(笑)昔からジェイソンの仮面を作って「かくれんぼ鬼ごっこ」などしていた。ホラー映画が子供の教育に良くないというが、僕は昔から目を手で隠しながらでも見てきた。そしたらこんな俺に成長した。何の問題も無い(笑)

 子供は純粋なイメージがあるが、実際は残虐だ。虫を平気で殺すし、友達にはひどい事も平気で言う。でも子供の成長には、この残虐性も必要だと思う。田舎ではヘビにムカデに蜘蛛に子供たちは戦わなければならない。でも、都会はそんな経験もせずぬくぬくと安全な環境で育って、突如人を殺してしまう人もいる。
 善と悪の境界線は無いと思う。善が行き過ぎれば悪に近くなる。善と悪どちらもしっかり見て、自制心を養うことがなにより大事だと思う。真の平和も綺麗事だけでは解決できない。現実の悲惨さを直視し、そして冷静に平和を求めて行こうと思う。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-19 03:01 | おばけ屋敷

MEANING OF LIFE

秋も深まってきて、身の引き締まる寒さだけど、空は雲一つない青さです。こういう日はたわいもない事が次々と頭に浮かんでは消えます。その一つが「意味」です。
d0054969_0433624.jpg

 論文を書くに当たって、まずやらなきゃいけないのが言葉の「定義」を調べる事です。「JUST」の定義は?「GOVERNANCE」の定義は?など。「定義」をきちんと決めないと論旨がずれてしまいます。でも、よく思ったら人間が作った言葉を定義し直すというのは不思議な事です。抽象的な文字という線の組み合わせで、意味をなし、それでコミュニケーションする人間って凄い存在です。 

 そこで、ふと思ったのが「生の意味」とは何か?個人的な人生の意味は「夢に向かって日々一所懸命、楽しく生きる」ということかもしれないが、根本的な意味って何なのか?あらゆる生物が日々食料を探し、子供を産み、生きよう生きようと必死になっている理由は何なのか?どんな意味があるのか。生物を形作っているそれぞれの元素は星が死ぬ時の超新星爆発で生まれたと言われる。その宇宙から集まって来た元素で出来ている、生物達の欲望、それこそが宇宙の欲望=目的の一つかもしれない。

 根本的な「意味」は人間には理解不能かもしれない。でも、何かと何かが「関係」を持っている時、「意味」は生まれると思う。人生は無意味だと言う。しかし、死んで灰になっても、土に戻っても他の生物との関係はあり、地球が滅んでも他の宇宙との関係は残る。ということは、何かと関係している時点で意味が有るのかもしれない。

 今からクリスと一緒に「ヨガ」に行って、さらなる脳みそ改革に励みます(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-18 01:23 | 哲学者の小屋

戦争の原因

酒ばかり飲まずに初心に戻ろうと思うw 

d0054969_734384.jpgこの本はアインシュタインとフロイトが「人間にとって最も大事な事について意見交換しよう」ということで交わされた往復書簡です。彼らの結論は「人間の本性的攻撃性はなくせない、国家間の戦争を失くすために、一つの機関を作り、どんな争いでもこの機関に解決を任せる」となりました。御存知の通り「世界政府」の事です。
 アインシュタインや湯川秀樹は世界連邦創設のため世界連邦運動を推進していました。日本も過去、岸首相の時「世界連邦」に賛同していました。しかし、今や世界連邦と聞いても知っている人は少ないと思います。
 世界連邦の思想の原点はカントやサンピエールなどですが、ここで僕が紹介したいのはエメリーリーブスの『平和の解剖』(Anatomy of Peace)です。この本Amazonでも無くて、去年ブラッドフォードの図書館で見つけた時はとても嬉しかったのを覚えています。彼の次の一文が世界連邦の必要性を指摘しています。

 「社会単位を形成する人間集団間の戦争は、これたの社会集団、つまり、部族、王朝、教会、都市、民族が無制限の主権を行使した時常に発生する。これらの社会集団間の戦争は、主権的権力が彼らから、より大きな、より高次の単位に移された時終わる。しかし、それによって例え平和がもたらされても、新しい主権単位がさらに接触し始めると、戦争が始まる。」

 これは日本で言うと、群雄割拠の戦国時代が江戸幕府によって終わり、さらに黒船が来て海外との接触が始まり、海外との戦争が始まったということだと思う。そう考えるとほとんどの国は昔戦国時代だった。イングランドとスコットランド。中国の春秋時代。米の南北戦争などなど。しかし、もはや昔は犬猿の仲だった山口県と鹿児島県が今後戦争する可能性など考えられない、でしょ?(稲川淳二風にw)

 戦争の原因としてよく挙げられるのが、人間の攻撃性、貧困、宗教、民族の相違など。でも、実際日本国内を考えてみても、攻撃的な人はいるし、経済格差もある。宗教、人種の違いなどもある。かといって、日本内でどこかの貧しい町が豊かな都市に戦争をしかけることなど考えられるだろうか?犯罪や暴動などはあっても軍隊のような手段で戦争をしかける事はありえないと思う。

 戦争の原因。それは「無制限の主権の行使」なのもしれない。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-15 08:25 | 平和の泉