戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


中国三国志紀行 第1夜 つづき

 
 中は意外にキレイで居心地良かった。中国人ボーイに二等室に案内してもらった。中にはすでに数人の日本人がいて安心した。日本人だらけの部屋のようだ。自分の布団を取ってきて、取り敢えず寝床を確保した。隣の兄さんと親しくなりいろいろとしゃべった。彼は上海に住んでいたらしく、そのアパートの部屋を片付けに行くそうである。(彼の名は大坂さん)路地裏の公衆便所付近の草むらにウンコが沢山あった話などを聞いた。その後、甲板に出て海を眺めたり、深呼吸した。少し寒いが最高である。その後、船内に戻って、カップラーメン食べて卓球で汗をかいた。貴がうまくてびっくりした。
 暑かったので、再び甲板に出た。音楽が聞きたくなったので、部屋にMDを取りに行った。甲板に戻ると大ちゃんがヘリコプターのHの所に大の字になって寝ていたので、俺らも寝てシェリルクロウを聴いた。「If you make me happy♪」が最高だった。d0054969_206457.jpg
 その後、風が無く、太陽が直射するところで日向ぼっこすることにした。カリフォルニケイションを聴きながら、快晴の太陽の光を顔面に受けて、まるで夏のようだった。海も青く、空も青く、カモメが飛んでいて最高だった。半そで半ズボンのオヤジが寝ながら本を読んでいておもしろかった。ここで日向ぼっこした数時間が今日のMVPだろう(笑)。まるでリゾート地だった。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-28 20:44 | 中国三国志紀行

中国三国志紀行 第1夜

 2003年2月14日。田舎から出てきた幼馴染3人、貴(稀代の夢想家)、大ちゃん(天才芸術家サンタオターティー)、俺(老人)で中国という広大な国に1ヶ月間旅に出た。 これはその生の日記である。
 
 
d0054969_22232951.jpg
 とうとうこの日が来てしまった。朝2:30ぐらいに寝て、4時間ぐらいしか寝れなかったが、7時10分前に起きて気分爽快だった。貴を起こし、大ちゃんを起こして、レッチリのカリフォルニケイションを流しながら気分高揚していた。あまりに腹が減っていたので、深草駅の近くの喫茶店で、パン、卵、紅茶を頂いた。そこのオバちゃんが何ともほほえましく、卵が格別にうまかった。その後、大ちゃんがファミリーマートで金をおろし、家に帰っていざ出陣した。外は快晴で体調もすこぶる良い。京阪で京橋まで行く途中、MDでベストリラクゼーションを聞いて早速寒気が出た。特に「パリは燃えているか」が良かった。京橋に着いて、地下鉄でコスモスクウェアまで行った。外に出ると早速「韓国⇔日本」の巨大フェリーを発見し、その船のでかさに感動した。そして、気分も高まりながら、下半身の凧を見たりして、フェリー乗り場に着いた。中国人もやはり結構いて、ジロジロこっちを見ていた。緊張感も高まりつつあった。搭乗手続き、出国をして、いざ乗船した。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-27 22:32 | 中国三国志紀行

永久平和

ここは村のはずれにある。一切の争いが浄化される泉。

 今一人の若者が戦争をなくす方法を考えている。 世界連邦の可能性。この若者はいずれこの平和な村を旅立ち、混沌の世に身を捧げるつもりなのかもしれない・・・・
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-19 22:06 | 平和の泉

夏の気配


 夏の匂いがしてきた。 
 都会に住んでいる人にはあまり気づかない季節の匂い
d0054969_175953.jpg
田舎に住んでいると、小さな違いに気づく。
鳥の声、昆虫の種類、空の色などなど。
 
今年も夏がやってきた!
                   我輩の出番がやってきた!海よ待っていろ。(笑)
 
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-19 01:20 | 森の小屋

音を楽しむ。

 最近、まるで吸い寄せられるようにアコスティックギターや、ピアノの練習をしている。
 ギターに関しては、適当な手の配置の組み合わせで、偶然にもいい音に出会うからおもしろい。
 ピアノはまだまだ、冬ソナの曲や、月光、別れの曲などを少しずつやっている。しかし楽しくて肩がこるほど。

 そして、ひさびさに本職のドラムを昨日練習した。意外にも手は結構スムーズに動いた。
ドラムも音の微妙な組み合わせでグルーブ感がかなり変わる。すごく奥の深い楽器の一つだ。
ツーバスのスピードを上げる練習をしたら膝を痛めてしまった(笑)

 音楽と本があれば、僕は暇を感じないかもしれない。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-13 23:06 | 音の館

惑星

 夜、我がなる母と夕方から庭で夕飯をしてみた。 小さなロウソクとジャズを付け加えると、そこは自分の家の庭とは思えない程の異空間だった。
 酔いも回ってきたころ、空を見上げれば一つ二つと星が光り初め、満天の星空となっていく。ひさびさに星空をまじまじと見た。

  人生即主観 宇宙即変化
 古代ローマ帝国の皇帝マルクスアウレリウスの言葉が腐りかけた脳をよぎる。

 幸福か不幸かは自分の主観が決める。宇宙はそして永久に変化し続ける。
d0054969_23112423.jpg

 なにもない庭にロウソクとジャズを加えるだけでこれ程変わるのだ、自分の人生も小さな工夫で簡単に変わるのかもしれない・・・・・
 
 と、思った
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-06 23:02 | 星の小屋

ある女子高生の夢。

今日は英語を教えている女子高生に、 「生まれ変わったら何になりたい?」と聞いた。

 すると、

 「空になりたい。」と。 鳥でもなく、雲でもないその発想にしばし感慨に耽った老人の一日でした(笑)。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-03 23:50 | 哲学者の小屋