戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:星の小屋( 6 )


宇宙のスケールⅡ

またまた、いい映像を見つけた。

宇宙の大きさを考えると心癒されるのは僕だけだろうか。

1.宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅

http://www.youtube.com/watch?v=20m0uljDo8M

2.宇宙的尺度

http://www.youtube.com/watch?v=yUrAZnF3PD8
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-11-08 22:25 | 星の小屋

宇宙のスケール

目の前の事や、近々起こりうる事に不安になり、悩まされてる人は下の二つを見て下さい。
何もかもが些細で悩みすら愛くるしく感じます。

1.星の大きさ

http://www.youtube.com/watch?v=B8tubH6EK6I&mode=related&search=

2.宇宙のスケール②

http://www.youtube.com/watch?v=8RDKtnijcxs

こんな小さな点で争うのは止めて、早く一致団結して宇宙への旅を始めてはどうだろう。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-09-09 22:13 | 星の小屋

宇宙旅行

 Semester1のエッセーが返って来て、なんとか全部合格していました。まぁ点数はともかく合格していたので一安心。次回はちゃんと誰かに英語チェック頼まなければ 汗

 さて、偶然Yahooで宇宙旅行についての広告があったので見てみると、大気圏を突破して青い地球を見て降りるという訓練など含めて5日の旅行があった。値段は億単位だろうと思ったら、1224万円!おぉぉー!案外安い!高級車買うぐらいなら絶対こっちがいい!じぃちゃんになったらもっと安くなってるだろうし、僕の人生は地球の外に出た時に終焉させたい(笑) 
d0054969_414979.jpg

 月の裏側まで行く旅行は120億円(笑)、国際宇宙センターに一週間滞在は24億円(こっちの方がおもろそうw)。
 将来さらに宇宙旅行が盛んになって「ちょっと来週から土星に向かうわー」とかいう時代が来るかもしれない。そう思うと自分の死体を南極の奥地に秘蔵して再生の機会を待ちたくなる(笑)。
d0054969_455258.jpg

 うーん、人類の未来が楽しみw
 
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-02-18 04:09 | 星の小屋

Universal Thinking

僕はたまに、というか結構しょっちゅう宇宙について考える。忙しい時、何かに悩んでいる時、ふと脳だけ幽体離脱して、空の上から、そして地球の外から自分の存在を眺める。人類が存在するこの銀河には太陽のような巨大恒星が数億個あると言われている。そしてさらにその銀河が数億個あるらしい。つまり太陽のような恒星が数億個×数億個ある訳で、地球のような惑星が銀河の中に例え一個しかないとしても、銀河が数億個あるので、地球が数億個あってもおかしくない世界である。
d0054969_10255828.jpg
 ところで宇宙の行く末には3パターンあるらしい。
一つは膨張宇宙、事実宇宙は今膨張し続けている。
二つ目は平坦な宇宙、何も変わらない宇宙。これは現実的にありえない。
そして最後に縮小する宇宙。今宇宙は膨張しているが、ある点で縮小に転じてビックバンのような一点に戻るという説もある。

この三つどれの選択肢を取っても、宇宙はいずれ終わると言われている。膨張し続ければ星と星の感覚が広がり、最終的に全てがブラックホールになる。縮小すれば星と星の衝突、最後に一点に戻ればそれで宇宙は終わる。
 しかも地球の終わりはもっと早いと言われてます。太陽は今膨張していて、二億年後には地球が完全に干上がるそうです。ということはそれまでに温暖化で人類は生きていけない環境になっているでしょう。さらに隕石というのも恐ろしくて、数キロ規模の物が地球に向かってきたら、世界中の核兵器を使ってもびくともしないそうです。
d0054969_10252546.jpg

こう考えると短くて儚い地球という一粒の中で、そしてその限られた陸地の上で、人類が争い、飢餓で苦しみ、日々悲しんでいるのはとても馬鹿馬鹿しいことです。せめて地球が滅びるまで人類が仲良く笑って暮らせればと純粋に思います。「永久」という事は何事にも有り得ないけど、半永久的な平和を求めてブラッドフォードで何かの地図を書ければと思います。(ほんとかいな笑)

 
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-08 10:29 | 星の小屋

星のかけら

イギリス人の友達クリスがキララのビーチで砂をつかみながら言ってたけど、
この宇宙の中には地球上のすべての浜辺の砂粒より多くの星があるそうです。
d0054969_1582433.jpg
 
銀河の中には数億個の星があり、その銀河が数億個あるから、そのぐらいあって当然なのかもしれない。

  しかし、多すぎるべ 笑 ふんぎゃ!
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-07-09 16:37 | 星の小屋

惑星

 夜、我がなる母と夕方から庭で夕飯をしてみた。 小さなロウソクとジャズを付け加えると、そこは自分の家の庭とは思えない程の異空間だった。
 酔いも回ってきたころ、空を見上げれば一つ二つと星が光り初め、満天の星空となっていく。ひさびさに星空をまじまじと見た。

  人生即主観 宇宙即変化
 古代ローマ帝国の皇帝マルクスアウレリウスの言葉が腐りかけた脳をよぎる。

 幸福か不幸かは自分の主観が決める。宇宙はそして永久に変化し続ける。
d0054969_23112423.jpg

 なにもない庭にロウソクとジャズを加えるだけでこれ程変わるのだ、自分の人生も小さな工夫で簡単に変わるのかもしれない・・・・・
 
 と、思った
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-06-06 23:02 | 星の小屋