戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅人の小屋( 14 )


ウガンダへの旅

久々の旅だった。

東アフリカのウガンダに9日間。
ブラッドフォード時代に寮の隣の部屋に住んでいた美女ユニスと、
スポンサーをしている子供に会いに行くためだ。

湖や森が多いアフリカらしからぬ国。ナイルの源流ビクトリア湖の激流をラフティングした。
久々に「恐怖」を感じた。ただ、ラフティングをするのはほとんど西洋人で現地の人は、
川の近くで洗濯をし、何か冷たい目で見ていた。

ただ、子供たちは本当に元気で、車の中にいてもいっつも手を振ってくる。
その反面、大人たちは生活が苦しそうな顔をしている。

首都のカンパラでは、スラムがいたる所にあり、孤児院にも行った。
電気が通ってない家で、二段ベッドがいくつかあり、外で炊事をしたり、
洗濯をする。おばさん一人で両親がいない孤児が20人ぐらい共同で住んでいる。
食べ物も少なそうで、少ない援助で子供たちは学校に行っているが、お金が払えず
学校を辞めさせられそうだとおばさんが言う。エイズで死んだ子や、病気であばら骨が
浮き出てる子もいた。ただ、みんな「幸せ」だと言う。

国際NGOのプランを通して援助している14歳の男の子、ディファスの村
ケニアとの国境の町「トロロ」に行った。

プランは4WDの大きな車で、ホテルまで迎えに来た。
プランの現地オフィスで活動やスタッフが紹介され、
ディファスが勉強しているプランが建てた学校へ訪れた。
まさにテレビで見るような世界が広がっていた。珍しい来客に、皆目を光らせて、
カメラのフラッシュだけで、みな大騒ぎ。僕はみんなに「いつか日本に来てください。」
と言ったら、プランのおばさんスタッフがみんなに「日本には歩いていける?車で行ける?
じゃあ何で行ける?そう、飛行機ね。飛行機に乗るためにはお金を貯める必要があるわ。
お金を貯めるには、しっかり勉強して就職することね。」と諭していた。

ただ、ウガンダ一の大学を卒業し、ブラッドフォード大学院を卒業したユニスでさえも、
良い仕事を探すのは難しく、大学卒で就職できない人や売春婦になる人も多いという。
やはり、教育だけではなく、現地に仕事を創出して行く必要もある。
ただ、経済発展すれば、物は満たされるが、愛は薄くなる気がする。
難しいもんですなぁ。
[PR]

by hamamuratomonari | 2008-08-02 00:59 | 旅人の小屋

原点回帰

世界政府第二回勉強会を開いた。色々と話して、やはり自分の初心はここにあるなと思った。
初心というのは忘れしまいがちだが、その都度思い出し長期的にモチベーション維持しなければならない。熱しやすく冷めやすいような志では大きなことはできないだろう。一朝一夕にはできない夢だからこそ長期的に焦らず追い求めたい。

また、昨日は会社の同僚と「東北サイコロの旅」を一緒に企画した。僕は子供の頃からこういったばかげた企画が好きだった。社会人になったから出来ないのではなく、社会人になったからこそできると考え、こっちの馬鹿げた発想力の方も原点回帰し忘れないようにしたい。子供のように「遊び」に貪欲な創造力を持って、社会人の経済力を持ってすればあらゆる可能性があるなぁと感じた。

原点回帰。みんなもやってみてはどうだろう。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-06-16 17:56 | 旅人の小屋

今いる所を楽しむ

最近東京タワー見たり、上野や秋葉原とか行ってるけど、東京は面白い。特に上野は昭和の下町っぽいしケバブやカレーなど異国情緒もある。やっぱりブラッドフォードにいたせいで、ケバブが好きだ。この前は下北でインド料理屋でチャーイなど日本にいながら異国を味わえるのはいい。秋葉原はアダルトグッズからレトロゲーセンなどまさにマニアの世界。外国人にとっても面白い町だろう。

d0054969_19312266.jpg東京はもっと冷たくて人情味が無いところだと思ったがそうでもない。特に高齢の人は田舎同様味があるし、話しかけてくれる。それに近代化してるのは一部で、昔ながらの商店街も結構ある。
 あと、よく世界で物価が一番高い所として東京が挙げられるが、全然事実は違う。安い居酒屋では生中が180円の時もあるし、安い物は田舎より安いのではないかとも思う。イメージと現実というのはいつも違うものだ。

仕事柄最低でも5年ぐらいは東京にいるだろうけど、思う存分楽しんでやろうと思う。島根にいる時はいる時で自然を満喫し、京都にいる時は伝統を楽しみ、イギリスにいる時は異国を楽しむ。今回は東京だが、どこにいてもいい点と悪い点はある。また、隣の芝はいつも青い。だからこそ、今いる場所と時を楽しむのが人生ではなかろうか。10年後にはどこにいるかわからないが、あの世に行ったとしても楽しんでやろうと思う(笑)。くよくよ悩んでいても人生は必ず終わる。楽しむ以外人生にとりえは無いと悟り、日々一所懸命頑張るのみである。
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-01-21 18:59 | 旅人の小屋

故郷へ

ユーラシア大陸をドイツから中国まで完全陸路で横断成功しました。中東、ヒマラヤ越え、何度も諦めそうになったけど、三人共無事ふるさとへ戻って来ました。

一年2ヶ月ぶりの日本、ふるさと。何ともほのぼのしてて、力が抜けます。丁度帰国した日に大学から卒業式案内の手紙が来て、無事卒業できそうだし、これまた、一気に力が抜ける(笑)。

ここ数日はとにかく体を休め、英気を養ってから始動しようと思います。

日記もぼちぼち更新します。おやすみ~(笑)
d0054969_1504959.jpg

[PR]

by hamamuratomonari | 2006-11-09 15:01 | 旅人の小屋

Last Mail

We arrived at Xi-An, China. Copared with four years ago, Xi-An has more developped. We stayed at same hotel, and hired bikes. Chain was detached very easily!!

Anyway, tonight we are going to Shang-hai. Hopefully, tomorrow afternoon or day after tomorrow, we can come back to Japan by ferry or plane.( It depens on the price).

Probably, this is the last mail from oversea. Next mail should be from Japan. See you soon!!! Thank you for everyone!
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-11-06 18:16 | 旅人の小屋

世界のてっぺん ヒマラヤの麓から

ヒマラヤ山脈の麓 ネパールのカトマンズにいます。インド系と中国系が見事に融合した町で、日本食が安くてかなり旨いです。昨日はトンカツ定食、今日はラーメンを食べました。西洋人や日本人旅行客も多く、土産物屋がや通りを埋め尽くしています。大ちゃんとノーリーは民族衣装を買ってすっかりインド、ネパールかぶれになってます(笑)。

明日からはジープでヒマラヤを越え、チベットに向かいます。ツアーじゃないとチベットには入れず、一週間のツアーを頼みました。チベットを抜けたら電車で一気に、成都、西安、上海と駆け抜けていくつもりです。後残り一カ国、念願の日本はもうすぐ!

この旅を通して改めて学んだ事。

お金の大切さ、働くことの大切さ、家族、友人、恋人の大切さ、
国ではなく人そのものを見ることの大切さ、地球はつながっていること、
生きることの大切さ、命を粗末にしてはいけないこと、身近な人を平和にすること。

シンプルだけど得たものはとても深く重いものになりました。後少し目標達成まで頑張ります。日本でみんなと会えるのを楽しみにしています!
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-10-27 20:59 | 旅人の小屋

Firenze

We stayed at Firenze two nights. We went to Pisa to see Pisa no syatou. Today's main foods are Chinese fried rice, which costs just 1.80 euro. These days, we stayed at airports to save money. However, we had cald a little bit, so we decided to stay hotel yesterday. Tomorrow, we are going to Rome, then hopefully Greece. See you soon!! by Tomo
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-09-17 00:46 | 旅人の小屋

Holand

We are now in Holand. We are so fine. So, please don't worry.

Next destination is Paris.

See you.

by Tomo
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-09-08 05:01 | 旅人の小屋

Shimane ReUnion 

 保育園時代からの友達Miyakoと、その友達Kumiちゃんがロンドンへやって来た。夜のビックベンやロンドンアイ(観覧車)に乗ったり、ピカデリーサーカス(繁華街)を周って最後はパブへw
三人とも出雲出身なので会話が方言尽くしでおもろい。「だけんね~」「そげそげ」とかロンドンで島根密度が一番濃いかっただろうw 

d0054969_1823055.jpg 翌日はバッキンガム宮殿やら公園を回って、彼女達をLutonAirportに送る。かなりギリギリに到着し、なんとか彼女達はパリ行きの飛行機に乗った。英語ちょっと、フランス語全く喋れない女の子二人、ちょっと心配だけど無事の帰国を祈る。

d0054969_1825547.jpg




 俺は再びロンドンの中心へ一人で戻り、松江の英会話教師をやっていた時の同僚クリスと再会。彼は小学校の教師になるために日々勉強中。たった、5時間ぐらいしか一緒に居れなかったけど、『テートモダン』という現代美術館(このテートモダンがかなり良かった!抽象画や、トーキー映画や、彫刻やら不思議な空間やら、何時間居ても飽きそうに無い。盟友芸術家ターティーにはぜひ来て欲しい所。)やお好み焼きを食べたり、パブ行ったり、かなり満喫できた。
d0054969_183256.jpg

 夜にロンドンを出てブラッドフォードへ向かう。偶然にもチューターのMikePughに出会う。彼とは良くばったり会う!何かの御縁かなw この二日間いろんな人とReunionした。やっぱり何よりも「人」が最も重要だと再認識したロンドン小旅行でしたw さて、これからセメスター2頑張っていきやす!!
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-02-01 18:13 | 旅人の小屋

エジプトへ 2005~2006

d0054969_733193.jpg 行って来ます。年越しを上空で過ごし、元旦に到着するという少し斬新な正月になりそうです。2005年の締めくくりとして、そして2006年の始まりとしてふさわしい旅になるよう気をつけて行ってこようと思います。
 2005年。僕にとっては非常に思い出深い年でした。去年の冬に日本に帰国し、1月から英会話教師として、社会人として働くことの難しさを学び、韓国冬ソナツアーに行き(笑)、白川郷、富士山などの日本文化に触れ、アメリカ大陸をレンタカーで往復し、大学院に入学して、挙句の果てにエジプトという劇的な一年でした。
 こんな馬鹿ができるのも本当に母親、父親のおかげです。来年は何よりも無事院を卒業し、就職して恩返しをしていく事を抱負としたいと思います。といいつつ、この無鉄砲息子どこで何をしでかすかわからないのでお許し下さい(笑)。

 向こうでネットカフェがあればブログを更新したいと思います。
 それではみなさんよいお年を!
 
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-12-31 07:59 | 旅人の小屋