戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ユーラシア横断記( 2 )


魅惑の街 フランクフルト

2006年9月6日

朝早く起きて、チェックインのゲートが出てくるのをスクリーンの前で待つ。もう乗り過ごすことはできない。何とか失敗を活かして、荷物をすべてチェックインし、無事離陸。フランクフルトには朝間に着く。両替しようと思ったらなかなか無く、外に出ると両替屋さんがぽつりと。朝っぱらからビールを飲む人がいる、さすがドイツ。街の中心へ行くバスに乗る。田園風景が広がる。

駅前に着き、早速宿を探すためインフォメーションへ。Youth Hostelがすぐ近くにあるそうなので行ってみると、近くに中華料理屋のビュッフェ発見!こりゃ行くしかねーと思い。ささっとホステルで二人部屋を取る(ほんとは三人だけど)。そして、ビュッフェで腹ごしらえし、街をぶらぶらする。古い町並みと新しいビル群が混ざる街で、ホステルの近くは風俗店だらけ。AVが山ほどあり、それを見るためのゲーセンみたいなブースもある始末。ドイツ人と日本人、勤勉だけど変態という共通点がある。
d0054969_17151730.jpg
その後、変なマージャンみたいなゲームをしているパブに行き、ドイツのビールを飲む。俺と大ちゃんは二杯したっけ。とにかくうまかった!夜飯は何を食べたか忘れたけど、街はだんだん荒れてきて、道端に自分で注射を刺している怪しい連中が出てきた。うーん、フランクフルト魅惑的だね~w 昨日は負けたけど、今日は完全勝利の日だった。
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-12-29 17:17 | ユーラシア横断記

ユーラシア横断 徒然草

年末ユーラシア横断旅行記スペシャル(笑)

2006年9月5日早朝

ブラッドフォードを切ない気持ちで立ち、リーズから出ている激安メガバスに乗ろうとしたのだが、電車が遅れててなかなか来ず、焦りながらタクシーで高いお金出してリーズのバス停まで急ぐ。丁度ラッシュで渋滞、結局バスに乗り遅れる。さらに、警察に怪しまれてカバンの中チェックされる。幸先悪!!電車も高いし、高速バスのチケットを買いロンドンへ向かう。いきなり貴重な資金が吹っ飛ぶ。昼過ぎに島根の奥地からやってきた大ちゃんとノーリーに会う約束。

d0054969_12493238.jpgビック勉の下で二人は剣玉をマイクにしたて、ビデオを回しながら「皇太子様~」と言って寄ってくるので皇太子の顔マネする(笑)。世界地図を広げ「ゆかり館に行きたいのですが。」とアドリブショートコントが始まる。取り敢えず笑って缶ビールぷしゅ!時間もないので早めに空港へ向かう。Stanstedという安い便が沢山出ている空港へ。

余裕を持って、空港へ着き。荷物を預ける。俺のバッグパックだけ預けて二人は持つことに。長い列を並んでいざ、身体検査っていうときに。なんやら荷物のサイズをチェックする装置があり、みんなそこに荷物を入れているではないか!どう見ても俺らのバックパックはでかすぎる!恐る恐るバックパックを入れてみると、「でか!」全然許容量オーバー。その後、焦ってもう一回チェックインしようと思っても搭乗までもう時間がない。近くのスタッフに「こりゃおかしいで!」と文句を言っても聞いてくれず。結局ポルトガル行きの飛行機に乗れなかった。しかも、俺の荷物だけチェックインしてるしどこにもいけねー、幸先悪すぎ。

すると、なにやら乗れなかった人の荷物は戻ってくるそうなので裏口みたいな所で長時間待つ。「Fuckin Ryanair!!」と言ってる人も。俺だけ裏口からベルトコンベアの部屋に入り、荷物をゲット。しかし、ノーリーの寝袋が紛失してる。ふー、これだからイギリスは。バックパックは戻ったものの、早くヨーロッパに行かなければ横断が始まらない。とにかく、ネットカフェで安い航空券を探す。一番安くてドイツのフランクフルト(1万円ぐらい)。わずかな旅費なのに、いきなり今日一日で3万円ぐらい吹っ飛んだ。ひでぇ。その後、ひもじい夕食を取り、俺はジャンパーを着たまま、二人は寝袋に入って空港で寝ることに。初日からハプニングだらけだ。
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-12-29 12:51 | ユーラシア横断記