戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:夢の部屋( 4 )


Tokyo Disney Sea

会社の独身寮マンションが本来なら8万円する所を2万円で借りれるということで、千葉の浦安市に住むことになりました。通勤も40分程度で駅まで5分でなんでもあるので便利です。部屋も築1年7.5畳でベッド机付き、セパレイトでなかなかよさそうです。29日ぐらいから入寮します。
d0054969_17332770.jpg
んで、せっかく浦安に来たのでディズニーシーに行きました。平日でガラガラだったので乗り物乗り放題でした。僕は相方とCenter of the Earth に合計7回ぐらい乗りました(笑)。いやしかし遊園地はやっぱいいもんですなぁ。あの世界観がたまらんw かなりイタリアのヴェネツィアを意識した造りだったけど、イスラム系モスクとかもあるし歩いてるだけで世界を旅してる感がある。大阪のUFJも好きだけど、シーの雰囲気もいいもんです。これから浦安に住むのでシーやランドはよく行くことになりそうですw

んで帰宅してバイオハザード4をやりました(笑)。うーん至福w やべー、英検落ちる汗
[PR]

by hamamuratomonari | 2007-01-25 17:36 | 夢の部屋

脳みそバーン!

最近立て続けにおもしろい夢を見たので今日のを紹介!

 舞台は我が小学校、時代は俺が小6の時。どうやら運動会の準備のため早朝からみんな学校に集まっている。俺は赤組で「俺いっつも赤組だで、いいだろー」とか訳の分からない事を言っているw 最上階の三階にみんなで何故か忍び足で上がっていく。そこには放送室があり、一人誰かいるので見つからないように「しーっ」とお互いに言い合っている。「急げ急げ!」と小声で言って、みんながいざ三階のベランダに出ると、誰かが「よし今だ!」と言って、でっかい鉄のパイプを校庭に放り投げる!「早く降りろー!」と誰かが叫ぶ。「えー??パイプてー!?」と俺は内心思ったが、みんなどんどんパイプに掴まって降りている。降りた人がパイプを支えている。でも、パイプはぐにゃぐにゃに曲がっている。俺も行くしかねー!と思い立ち、勢いよく降りる。お、意外に簡単!消防隊のごとく素早く降りれた。
 すると、校庭ではデコでもない何か鉄製の物をみんなが作っていた。それを眺めるようにして歩いていると、小3ぐらいの女の子が「何で人を好きになるのー?」と聞いてきたから、「え、容姿とか雰囲気じゃない?」と適当に答える笑 

 場面が変わって、ブラッドフォード大学のコンビ二になり、携帯がかかってくる。英語で「チューターは誰?」と聞かれたので、「Ramsbotham」と何故か発音しにくいOliver先生の苗字で答える。しかもチューター違うのに笑
 
 舞台は工事現場のプレハブみたいな所に移る。真ん中にテーブルがあって、ホワイトボード、すぐ隣には流し台もある。二人の作業服着たおっちゃんが「一服してから行っていい?」と言ってタバコを取ろうとした瞬間、

 ガラガラガラ

ドアが開いて、JimWhitmanが入ってくる笑 俺は何を血迷ったか、突如流し台に行って自分の皿を洗い始めた。すると、Jimが俺の顔を覗いて「OK?」と聞いたので、俺は恥ずかしげに椅子に戻る。ホワイトボードはすでに黒のマジックでくるくる丸が書かれていて真っ黒だったが、先生は授業を始めた。
 そして舞台はまた学校の校庭に、うちの母さんが頭を抱えながら走って職員室へ向かっている。話しかけると「今日美容室行かなあかんね~ん!」と笑 その後運動会が始まり、内容は忘れたけど大成功を収める。d0054969_22542752.jpg
 みんな体操服着てるくせに打ち上げww 長いテーブル囲んでみんなソファーに座っている。そして、親友Yっちゃんがギターを弾き始める。長渕剛の「とんぼ」大合唱!!笑 みんな目つむって「うぉ~お~~お~♪」と泣きながら歌っている。微妙にギターがずれているのが生々しかったw 最後はみんな泣きながら抱き合い始める。

 そしたら目が覚めた 爆
[PR]

by hamamuratomonari | 2006-02-16 23:05 | 夢の部屋

Jim Whitmanの夢

 僕はいつもおもろい夢を見る。ゾンビと漫才やったり、ゾンビをドロップキックしたり。。。とにかく夢の大半がおもろくて、寝ながら笑っている時もあるらしい(笑)

 そして、今日は平和学部の大物教授Jimの夢を見た。かなり短かったけど、おもろかった。

 突如世界は草原に。Jimは10人ぐらいの生徒を集めて、歌の練習をしていた。近くによってみるとJimはギターを弾いていて、生徒達は日本語のド演歌を大声で歌っていた。Jimは「この曲俺が作ったんだ!」と自慢げに俺に言ってきた。でもどこから聞いてもド演歌だったw 俺もなぜか練習に参加させられた。歌詞は微妙に平和を訴えているようだ。
d0054969_18405421.jpg

 練習が終わり、Jimに「洋楽と邦楽どっちが好きですか?」と聞いたら、「邦楽に決まってんじゃなーい!」とおばちゃんみたいに楽しげに答えた。「誰が好きですか?」と聞いたら「永ちゃん。」の一言(笑)

 「Greeやってるから、そこに好きな音楽載せてるよ。」といきなり!

 「ぅえ?Greeやってるんですかぁー??」と驚いたら、

 隣にいた誰か知らん坊主の日本人の友達が、耳の側で、

 「JimがGreeなんかやってる訳ねーだろー。。」

 と。

その後、Jimは生徒達を連れて広い草原の地平線に向かって帰っていった。

来週Jimに会いに行こうと思っていたから、彼との運命的出会いを意味してるのかもしれん(笑)
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-11-26 18:44 | 夢の部屋

「夢を実現する 戦略ノート」

昨日、今日とで一気にこの本を読んだ。d0054969_2110374.jpg
 この本で印象的だったのが、成功とは「人生の目的を知り、自分の能力を最大限に活かし、人のためになるような種をまく」という定義だった。普通、成功のイメージとしては、地位、名誉、金銭などの物質的というか、客観的な面が多い。しかし、この本の成功とはあくまで自分自身にとってどうか、という主観的な面であった。

 成功とは、自分がやりたい事、欲しい物を次々と手に入れることではない。そういう物事は達成した時点から虚無感に襲われ、際限なき欲求の渦に飲み込まれる。事実、僕は行きたい所、やりたい事に対して、すぐさま実行してきた。そのおかげで、人生に対して不満は無いが、何かを達成するごとに一種の虚無感を感じるのである。

 この本では「成功=旅」としている。成功とは「自らの人生目標に向かって、日々前進し、成長し続ける旅」のようなものだと。目標地点にたどり着くことが、成功ではないのかもしれない。
 この本の著者ジョン・C・マクスウェルは、世界中の企業のリーダー達を啓発する「メンター」らしい。世界中のリーダーが、地位や、金のためでなく、自らの理想のために生きていたら、それは素晴らしいことだと思う。「名もいらぬ、金もいらぬ、始末に困る人」こそが世を変えると言ったのは西郷隆盛だけど、まさにそういう人こそが真の成功者なのかもしれない・・・・・。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-08-28 21:10 | 夢の部屋