戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

菜根譚

今年は新たな座右の書ができた!中国の洪自誠が書いた「菜根譚」だ。

以下抜粋するので、興味がある人は読んで下され。中国の指導者の必読の書だったらしい。

・自分というものの存在を忘れてしまえば、一切の差別も気にならない。また、我は我であって我でない。ただ、かりそめの姿と悟ってしまえば、なんの悩みがあろうか。

・物欲にしばられてこの世を送れば、人生は悲しいことばかりだ。だが、人間の本性にめざめて生きていけば、人生ほど楽しいものはない。

・自分がこの世に生まれてくる前は、はたしてどのような姿をしていたであろうか。自分がこの世を去ってしまった後には、果たしてどのような姿になるであろうか。ひとたび、この問題を考えてみれば、いっさいの執着は消え去って、ただ本心のみが澄み渡る。こうして心は現実の世界を超越し、絶対の自由を得るのだ。

・名誉や利害に束縛された人にとっては、この世はとかく汚れた苦海にうつる。だが、見よ、雲は白く、山は青く、川は流れ、岩はそそり立ち、花は開き、鳥は鳴き、木こりの歌に谷はこだまで答えているではないか。この世は決して苦海などではない。それを苦海にしているのは、彼ら自身の心なのだ。

・人生というものは、いくらかでも「へらす」ということを心がければ、その分だけ悩みから遠ざかる事ができる。友人とのつきあいを減らせば、人間関係のもつれが少なくなる。発言を控えれば、非難を受ける事が少なくなる。考えごとをへらせば、心の疲労が軽くなる。りこうぶることをへらせば、美しい本心を傷つけずにすむ。「へらす」ことに努めようとせず、「増やす」ことばかり考えれば、自ら手かせ足かせをはめているのと変わらない。


物欲を最大限駆り立てて、大量生産・大量消費によって経済発展してきた世界は、一見華やかで豊かになったようですが、苦悩は増えるばかりで、かえって人間の心は貧しくなっている気がします。

お金は多ければ多いとみんな思っているかもしれませんが、人間の欲は無限です。欲をできる限りなくし、心を空にする事が心に平和をもたらすと思います。般若心経でも、すべての存在するものには実体がないと言っています。自分というものをそもそも無だと思えば、自己主張する必要もなく、生存競争する必要もありません。これが心から平和を創りだすひとつの方法だと思います。
[PR]

by hamamuratomonari | 2008-12-29 11:00 | 休憩小屋
<< 健康と平和 世界連邦運動 60周年 日本大会 >>