戦争の無い世界を創るために


「戦争の無い平和な世界を創る」という企業理念のユニバーサルピース株式会社代表取締役のブログ
by hamamuratomonari
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りの村
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
アブシンベル神殿(世界遺..
from ブログで情報収集!Blog-..
学習塾で小6女児殺害/松..
from メフィスト賞受賞者津村巧のテ..
日記*゚ー゚)・ω・)
from もも猫
ビックリ
from ターティギャラリーゼロ次元教室
夢を実現する戦略ノート―..
from 生産性を高める!?読書日記
酢豚
from 中国あれこれ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「夢を実現する 戦略ノート」

昨日、今日とで一気にこの本を読んだ。d0054969_2110374.jpg
 この本で印象的だったのが、成功とは「人生の目的を知り、自分の能力を最大限に活かし、人のためになるような種をまく」という定義だった。普通、成功のイメージとしては、地位、名誉、金銭などの物質的というか、客観的な面が多い。しかし、この本の成功とはあくまで自分自身にとってどうか、という主観的な面であった。

 成功とは、自分がやりたい事、欲しい物を次々と手に入れることではない。そういう物事は達成した時点から虚無感に襲われ、際限なき欲求の渦に飲み込まれる。事実、僕は行きたい所、やりたい事に対して、すぐさま実行してきた。そのおかげで、人生に対して不満は無いが、何かを達成するごとに一種の虚無感を感じるのである。

 この本では「成功=旅」としている。成功とは「自らの人生目標に向かって、日々前進し、成長し続ける旅」のようなものだと。目標地点にたどり着くことが、成功ではないのかもしれない。
 この本の著者ジョン・C・マクスウェルは、世界中の企業のリーダー達を啓発する「メンター」らしい。世界中のリーダーが、地位や、金のためでなく、自らの理想のために生きていたら、それは素晴らしいことだと思う。「名もいらぬ、金もいらぬ、始末に困る人」こそが世を変えると言ったのは西郷隆盛だけど、まさにそういう人こそが真の成功者なのかもしれない・・・・・。
[PR]

by hamamuratomonari | 2005-08-28 21:10 | 夢の部屋
<< 最後の日本兵 小野田寛郎 サンタオターティーギャラリーO... >>